どちらの製品をご利用ですか?
Hide

B2Bの顔を合わせるイベントにはデジタル メイクオーバーが必要

デジタル メイクオーバーで顔を合わせるイベントのROIを改善。

直接顔を合わせるイベントのROIを向上させる

最も人気のあるマーケティング手法のB2B予算チャートで顔を合わせる(In-Person)イベントが首位に

会議、展示会、セミナーの費用はB2Bプログラムの予算の14%を消費すると予想され、全体的な支出増から2014年のレベルを上回り、この種のイベントがマーケティング予算項目のトップになる見込みです。 年々こうした高い位置を占めているにもかかわらず、マーケティング担当者はイベントを戦略的なマーケティング資産として扱っていません。

スタンドアロンのアクティビティとしてのイベントは相当の収益をもたらさない

企業の購買担当者はイベントを購買情報源と見なしていないため、マーケティング担当者はイベントをより魅力と価値のあるものにし、イベント体験を刷新する必要があります。 イベントのコンテンツ活用と参加者のデータ収集を支援するデジタル技術は、より幅広いオーディエンスにリーチし、イベント固有の体験を通してブランドを拡充するうえで欠かせません。

デジタルの統合はイベントを永続性のあるマーケティング資産に変える助けとなる

デジタルの可能性により、マーケティング担当者がイベントのデータと資産をとらえて、イベント後のインサイトや価値に変える助けとなります。 新しいモバイル イベント アプリケーションと拡張現実(AR)のような新しい技術は、参加者のアクティビティをとらえ、関心のある内容を分析して、ショーの間に購買の見込みを示した参加者と売上とを結びつけるのに役立ちます。

もっと読みたい場合は

記事全文を読むにはフォームにご記入ください。

共有