どちらの製品をご利用ですか?
Hide

Cisco Spark Hybrid

VoiceMaxx CEはSparkと結合し、通話コントロール、ディレクトリ サービス、予約作成機能などの高度な機能を備えた音声通話とビデオ通話を提供します。
ご連絡ください 0120 335 019

音声およびビデオ通話をクラウドでCisco Sparkに拡張

Cisco Sparkは、個別メッセージ送受信、チャット、コンテンツ共有および音声会議、ビデオ会議、Web会議のための持続的な仮想環境を提供します。

VoiceMaxx CEとの併用で、Cisco Hosted Collaboration Solutionを含む弊社の法人向けUCaaS(Unified Communications as a Service)ソリューションは、クラウドベースのPSTNアクセスを介し、社内外の音声およびビデオ通話も提供することができます。 VoiceMaxx CEでは、通話コントロール機能、カレンダーアクセスと予約作成、企業ディレクトリ サービスにより、Sparkの利点を拡張することができます。 

繋がったコール

Call Service Connectは、Sparkが音声およびビデオ機能を持つ企業向けソフトフォンとなるよう、Cisco JabberとSpark間の相互運用性を実現しています。

  • JabberまたはSparkを選択して誰とでも電話(自分や相手がどのアプリケーションを使用しているか意識することなく使えます) 
  • Spark、Jabber、または固定電話のいずれを使用する場合でも、一つの電話番号で受信
  • 社内の内線番号、PSTN番号、Spark限定ユーザー、ビデオブリッジ番号など、相手がどのアプリケーションやデバイスを使用していても、必要な相手全員にアクセス
  • 固定電話からかけるように、SparkアプリからPSTN番号をダイヤル
  • モバイル機器で電話をかけ、通話中でもルームシステムにシームレスに切替

シンプルに予約作成

組織全体で従業員の予約作成を簡素化するため、Calendar Service でビジネス用カレンダーを互いに結びつけることができます。 

  • モバイル機器のカレンダーアプリ、Microsoft Outlook、Outlook Web Access から会議の予約作成を行います。
  • 会議を主催する際、WebExミーティングルームの詳細を加えるには、場所のフィールドに@webexを入力 
  • 会議に招待する相手全員のSparkルームを作成するために@sparkを追加すると、WebExミーティングの前に会話を開始したり後から継続したりすることが可能に

企業ディレクトリ

ディレクトリ サービスではクラウド上で連絡先にアクセスできます。 Active Directory の同期とシングル サインオン機能で、シンプルな管理と企業セキュリティの向上が達成できます。

Message

  • モバイル、デスクトップおよびウェブアプリ
  • 仮想ルームにおけるチームのメッセージ交換
  • ファイル共有中の一貫的なコラボレーション
  • セキュアなエンド トゥ エンドの暗号化

Meet

  • すぐに会議を実施
  • 音声、動画、コンテンツの共有
  • 常時オンのパーソナル会議室
  • 会議の記録

Call

  • Spark、Jabberまたは固定電話を使用
  • 社内の内線番号、PSTN番号、Sparkユーザー、ビデオブリッジ番号に通話
  • インターネットにアクセスできる場所ならどこでも通話の発信と受信が可能
  • 中断なくシームレスな通話転送

Use Cases

関連リソースとインサイト

Narrow Your Choices
5年間
5 年連続で Gartner Magic Quadrant の UCaaS 部門リーダーに選出
280億分
昨年 1 年で 280 億分(4.7億時間)の会議をサポート
89社
ウェストのサービスを頼りにしているフォーチュン 100 企業